考えられる原因について

2つの原因は、現在考えられます。
人は、心臓の細胞のチャンネルと呼ばれているトンネルの異常です。
命令が心臓で伝えられることが、重要です、確かに、そして、脈を打つために、心臓は規則的です。
確かに命令を伝えるチャンネルと呼ばれているトンネルで、心臓の細胞は、中に、そして、外に、ナトリウムまたはカリウムのようなイオンを置きます。
「QT延長症候群」の患者において、このチャンネルは正常に働きません。
そして、命令は確かに伝えられません。
脈の障害が起こるために簡単になるのは、この目的のためにであります。
言い換えると、チャンネルの一員になるとき、異常が経路で起こる原因を使った計画のエラーは、遺伝子の異常です。
遺伝子の異常は、現在4種類の経路で見つかります。
遺伝学的スクリーニングによってこれらの遺伝子の異常を診断することができます。
しかし、異常がチャンネルのこれらの4つの種類の遺伝子の中で見つけられない多くの患者が他のタイプのチャンネルに異常を持つかもしれないと思われます。
神経が交感神経と呼ばれていることは心臓のものとしての命令による神経の異常です。
そして、1つの左右が背骨のそばにあります。
交感神経の役割は、心臓に脈を破ると命じることです。
バランスは、左右の交感神経から常態による心臓への送られた命令にしておかれます。
「QT延長症候群」の患者において、左の交感神経の機能は右側より優れています。
そして、バランスは急に衰えます。
しかし、そのような交感神経のアンバランスがなぜ起こるかについて、わかりません。

症状について治療機関について